エステを受けている女性

切除しても取り戻せる

見つめる医師

乳房再建術を行う方法

現在では乳がんと診断されても、初期であれば乳房を温存できることが多くなりましたが、がんの進行具合によっては乳房を切除しなければならない場合もあります。 乳房再建術とは、乳房を失ってしまった部分に新たに乳房を作り直すことを言います。 乳房再建術は、乳がんの摘出手術が行われるのと同時に行われる場合もありますが、手術が終わってから日を改めて乳房再建術を受ける方法があります。 一般的に、乳がんの摘出手術をしても再発の心配や感染症などの心配がある場合は、ある程度様子を見てから乳房再建術を行うことが望ましいとされています。 また、現在では乳がんの摘出手術を執刀した外科医がそのまま乳房再建を行う場合も多いですが、本来は形成外科が専門分野となっています。

乳房の再建を望む人たちとは

乳房再建術を望む人は、乳がんによって乳房を摘出してしまった人です。 乳房は女性のシンボルとも言える大切な部位で、乳がんを発症したショックに加え、乳房を失う二重のショックを抱えてしまうことになります。 そのため、乳がんが良くなっても、乳房を失ったショックから気分がふさぎ込みがちになる人や外出を控えるなど生活に影響が出る人もいますし、時には夫婦関係に亀裂が入ってしまう人もいます。 現在ではいくつかの乳房再建方法があり、人工の乳房を再建しても生存率や再発率には変わりはないことが証明されていますし、どの乳房再建術においても健康保険が適用となっています。また、乳頭を再建することもできます。 乳房が再建されることで、本当の意味での乳がん克服と言っても過言ではないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加