会社で組織サーベイを実施しよう【基礎的な知識を詳しく紹介】

あるべき姿を掴む

オフィス

社風改革を目指すために

サーベイとは、調査、測量を意味する言葉です。したがって、組織サーベイとは、会社が正しく機能し組織運営されているかを調査することを指します。組織サーベイが、昨今になって重要視されてきた背景には、顧客満足度を実現するためには、そこに働く従業員の満足度も上げることが大切だという認識が広まったことにあります。また、転職を繰り返しキャリアアップする働き方が増える中で、仕事はできるが周りの人や企業・組織に対する関心が低い人が増えています。企業は、チャレンジ精神と現実直視のバランスを保ちながら、企業戦略や方針を実行し成果を挙げています。そのためには、組織サーベイにより、組織の活性化や次世代幹部の育成が目標達成の近道になります。組織サーベイを実施するコンサルティング会社は、実績やノウハウが蓄積された会社で調査内容が自社の方針と合致していることが重要です。また、調査方法や問題点の指摘と提案についても事前の打ち合わせが必要です。会社側が求めている内容と、調査結果が合致していることで強みと弱みを把握することができるからです。コンサルティング会社が行う調査の流れは、経営と現場の温度差など目に見えないものに対して現状把握からスタートします。そのために、組織体制を探るアンケートを実施するわけですが、この内容がコンサルティング会社のノウハウになります。代表的な項目は、経営理念や方針に対する浸透度、職場環境、人間関係、評価・賃金などです。同時に、目標に対するやる気や仕事に対するやりがいをアンケート調査し、組織の現状を定量化しマネジメントに活かすアドバイスを行います。